宮澤 佳奈(ミヤザワ カナ)のサービスメニュー

運命に導かれるまま、心にフィットするタスク管理を学びに行った話

ポルノグラフィティ税理士の宮澤佳奈(ミヤザワ カナ)です☆

わたしが「小分け週間!小分け週間!」と騒ぐきっかけとなった、滝川徹(たきがわ とおる)さんの『明日から使える!自分の思い通りに時間を使えるようになりたい人のためのタスク管理入門セミナー』のお話です。
ただノウハウを提供するだけではなく、心を大切にしていると感じるセミナーでした。

夜更かし税理士が深夜2時に運命に導かれた

深夜2時に徘徊するのが好きというウラの顔を持つ夜更かし税理士が、寝静まったFacebookを徘徊中…ふとあるシェア記事を見つけます。

「えっ!残席1名…?まさか、さすがにもう……(リンク先へ飛ぶ…)残ってる…!!」

夜更かし税理士は動揺します。

「やるしかない夜のことを『やるっきゃ騎士』と言います!」と、かの新藤晴一さんも仰っていました。。
(注:LIVEのMCでの煽りです。やるっきゃ騎士。笑)

わたしにもやるっきゃ騎士が来た…!(意味不明)とポチり、セミナーへの参加を決めました。

心をおいてけぼりにしない一歩先行くセミナーだった!

フリーランスデビュー以来、タスク管理ジプシーだった子羊は、以下の3点を「悩んでいること」として回答しました。

  1. ついついタスクを詰め込みすぎてしまう
  2. タスクを少なめに設定すると、時間が間延びしてしまう
  3. 1.と2.の日の差が激しい

なんと、滝川さんはセミナー当日にブログを更新してくださっていました…!(イケメンだ…。。)

それだけではありません。

セミナー途中で「タスクリストに放り込んでもタスクを忘れられない」ことに気付いた子羊は、思い切って質問をします。

この質問へのアンサーがまたイケメンなのです。
「忘れようとするから、逆にフォーカスされてしまう。忘れようとしなくていいんです。」

失恋した彼を忘れられなくて泣いているときに言われたら、男友達のはずなのに惚れてしまうセリフNo.1をここで聴けるとは…!

ノウハウだけを提供するタスク管理セミナーが数多く存在する中で、滝川さんは心をおいてけぼりにしない一歩先行くコンテンツを提供していました。

心理的ハードルを下げることに重きを置いていた

タスクを先送りにしてしまう原因は次の2点

  1. 脳のエネルギー切れ(睡眠だけが回復のカギ)
  2. 目の前のタスクの負担が大きいこと(心理的ハードルが高い状態であること)

心理的ハードルを下げるポイント3点

1.毎日20分〜30分くらいのボリュームにわける

  1. 20分〜30分くらいのボリュームにわけること
  2. 時間がきたらとにかくやめること

重要なポイントは時間がきたらとにかくやめることです。
がんばらないことで長期的には生産性が高まります。

2.プロジェクト化する=タスクを小分けにする

見通しが立つことで、心理的ハードルが下がる効果があります。

ただ単に「セミナーを開催する」というタスクだけでは、お先真っ暗で絶望的に感じてしまいます。
そうではなく、「セミナーを開催するにはどんなことが必要かな…?」とタスクを小分けにしていくことで、見通しを立てることができます。

さらに、タスクを小分けにすることで、1.への応用もできるようになり、さらに心理的ハードルが下がります。

3.とりかかるときに、仕事を終わらせようとしない

とりかかりさえすれば仕事は終わるから、仕事を始めるときにまで「仕事を終わらせようとしなくていい」のです。
「とりあえず、20分だけやってみよう」という気持ちでとりかかることで、心理的ハードルを下げることができます。

まとめ

出会いはいつも突然ですが、必然でもあると改めて感じました。

タスク管理初心者はもちろんのこと、「ノウハウは十分持っているけど、なかなかタスク管理がうまくやれていない気がする…」という方にもおすすめのセミナーです。
2月にも開催されるそうなので、タスク管理でお悩みの方は是非、参加してみていただけたらうれしいです♡

【きょうの1曲】

Montage / ポルノグラフィティ

※ 久しぶりに聴いた気がするんだけど、やっぱり好きだ。。

【宮澤佳奈のひとりごと】

あー。。『渦』かぁ。。あのエロさは『渦』にもあったかもしれない。。
30代の昭仁さんのフェロモンと40代の昭仁さんのフェロモン…。。
歳を重ねるごとにフェロモン増殖中って。。生きててよかった。。ありがとうございます。
『カメレオン・レンズ』好きだよー。早く好きなだけ聴きたい。
(カフェイン11を聴きながら書いているのがバレる。笑)