仕事納めの日を好きに選べるフリーランスの話

ポルノグラフィティ税理士の宮澤佳奈(みやざわ かな)です☆

駆け抜けた2017年後半戦、ちょっと息切れ中

例年にないペースで駆け抜けた2017年後半戦。
ゆっくり1年くらいかけて習得しようと思っていた知識等のベース部分を、半年ちょっとで学ぶ機会に恵まれ、ありがたく思う反面、消化しきれていない部分もあります。
せっかく学んだことを、消化しきれなくて活かせないことがいちばんもったいないですよね。

とはいえ、死ぬほどひきこもりで、休みの日はお布団だけが友達だったわたしが、外に出て誰かに会っている時点で奇跡なので、そこは自分で自分を褒めてあげたいと思います(笑)

あ、ちょっと早く仕事納めしちゃえばいいんじゃん♫

年末に向けてスケジュールをセーブしていたのが功を奏したようで、だいぶスケジュールに空きがあります。
あーん!違うんですよ?フリじゃないですよ?(笑)

せっかくスケジュール空けているので、このまま「仕事納め」にしてしまおうと、ふと思いました。
対外的な「仕事」は納めて、わたし自身の方にこころをシフトするのです。

ようやく漠然と見えてきたやりたい仕事のイメージを、ちゃんと昇華してカタチにする。
ひとりが好きで、ゆっくり考える時間が必要なわたしには、年末年始の喧騒のはじっこが役に立ちそうです。

まとめ

コンスタントに働き続けることもできれば、がっつり休みをとることもできるフリーランス。

わたしの場合、年末年始は、ひとりでひきこもって過ごします。
今年はちょっと整えたいことがたくさんあるので、しっかりひきこもって整えていこうと思います☆(笑)

【きょうの1曲】

夜間飛行 / ポルノグラフィティ

※ カフェイン11の先週放送分を流していたら流れてきたから(笑)

【宮澤佳奈のひとりごと】

ようやく外注先にすべての資料を返却し終わって、ガラッと空いたスペースを眺めても不思議とさみしさはありません。
単に契約が終わっただけで、ボスとは変わらず仲良くしてるし、また一緒にお仕事できたらいいなって思っているからなのかも。