わたしの反省点を、あなたのネガティブ共感に巻き込まないでいただけますか?という話

ポルノグラフィティ税理士の宮澤佳奈(ミヤザワ カナ)です☆

「確定申告お疲れさまでした!」があいさつ代わりなるきょうこの頃、みなさまいかがお過ごしですか?
わたしは、金沢に向かう新幹線の中です。

確定申告時期を終えて、来年(というか既に2か月半すぎた本年)の確定申告に向けて反省会をする方も多いのではないでしょうか?
きょうは、いち個人の「反省」に「ネガティブ共感」で返すという違和感に遭遇したお話です。

反省とネガティブ共感はちがう

「反省」とは、Wikipedia先生によると、次のとおりです。

一般的には自分がしてきた行動や発言に関して振り返り、それについて何らかの評価を下すこと、あるいは自分の行動や言動の良くなかった点を意識しそれを改めようと心がけること。
あるいは自己の心理状態を振り返り意識されたものにすること。

そうですね。
「THE 反省!」って感じですね。

一方、「ネガティブ共感」とは、どんな事柄に対してもあえてネガティブな面を切り取って共感をすることです。
そんなことをして楽しい人がいるのかと思うかもしれませんが、意外と多いのです。

誰にだって「反省点」はある

ひと仕事終えたら、どんなに「うまくいった!」と思える仕事でも振り返りはするものです。

正直、わたしは今まで、反省点が1つもなかった仕事などありません。
重箱の隅を突き回して重箱を壊す勢いで振り返りをしているから、というのはあるかもしれませんが(笑)

今回の確定申告期、わたしも年明けから3/14(水)までのLIVE参戦数は5本です。
友人との飲み会にもなんとかギリギリ参加できています。

こんなわたしの生き方を、自由を謳歌できているようでうらやましいと思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、今年のわたしには反省点しかありません。

努力や根性を晒すのが好きではないので、公開反省会をしていないだけです。
(「かなさんは苦労とか知らなそう」と言われる方がうれしいです。それがよくない意味であったとしても。)

ネガティブ共感はただの不利益

Aさんは「反省」という観点からさわやかに話を組み立てているのに、Bさんがひたすらネガティブな返しをすることで話がどんどん暗い方向に進んでいってしまいます。
これでは、Aさんまで蝕まれて「ボクはウジ虫なんだ…。。だから、思うように生きられないんだ…。。」となりかねません。

こんなことで「ボクはウジ虫なんだ…。。」とか思うくらいの方は税理士なんかやってないと思いますが、ネガティブ共感は、他者をネガティブ沼に陥れるには絶大な効果を発揮します。

ネガティブ沼には、Bさん、あなたひとりで入っていてください。
出てこなくて構いませんから。

まとめ

「ネガティブはさわやかに!」を小学校の交通安全の標語みたいな感じで掲げておきたいな、と思うことがありました。
税理士会館の入口辺りにあるとおもしろいかもしれません。

【宮澤佳奈のひとりごと】

3/14(水)の上越文化会館公演が超良席すぎて、憑き物がすっかりとれてしまったのですが、無事に復活しました(笑)
昨日の税理士会めがね支部(勝手に名付けるな。笑)も楽しすぎました。
ちなみに普段は裸眼です。
眼鏡等との境界線を徹底的に攻め込んでいます。
それはさながら藤原拓海のように…。。(突然の頭文字D。笑)

【きょうの1曲】

Part time love affair / ポルノグラフィティ

※ なんか雨降りしてるから。この曲中の雨は土砂降りって感じだけど。