宮澤 佳奈(ミヤザワ カナ)のサービスメニュー

【ポルノグラフィティ】最大のライバル「自分」に打ち勝つための曲『オー!リバル』の話

ポルノグラフィティ税理士の宮澤佳奈(みやざわ かな)です☆

『オー!リバル』とは

2015年4月15日に発売された42枚目のシングルです。
シングル”3さい”シリーズのラスト【歌いんさい】を飾るにふさわしい1曲です。
映画『名探偵コナン 業火の向日葵』主題歌にもなりました。

タイトルの「リバル」とは、「ライバル」と言う意味で、コナンとそのライバルの怪盗キッドとのストーリーを描いた映画にもぴったりの楽曲です。

最大のライバル「自分」に打ち勝つための応援歌

オー!リバル オー!リバル 姿なき姿を追い続けた先が
楽園ではなくても 夢ではなくても この目で見てみたい

この曲がリリースされた頃、わたしは税理士試験の受験生でした。
当時は「税理士補助の仕事が楽しい」とも思っていなかったし、あと5年以内に合格の目処が立たなければ、撤退することも考えていました。

だけど、初めて『オー!リバル』を聴いたときに、この歌詞で奮い立ちました。
「もし、税理士になることが、独立することが、楽園ではなかったとしても、それでもその未来を自分のこの目で見ていたい」と本気で思いました。

わたしの人生の中で、初めて自分自身に勝った瞬間でした。
その結果、この曲がリリースされた翌年2016年に、無事に税理士試験に合格しました。

最大のライバル「自分」との闘いは続く

当時のわたしが「見てみたい」と望んだ未来にいるのが、税理士となった今のわたしです。

正直、まったくもって楽園ではないし、現実の厳しさに嫌になることもあるけれど、それでもまたその先をこの目で見てみたいと強く望んでいます。
だからこそ、これからも最大のライバルである「自分」との闘いは続いていくでしょう。

こころが折れそうなときには、『オー!リバル』を聴きながら。

まとめ

『オー!リバル』と、その翌年2016年に出た『THE DAY』はわたしにとっての転機で、この2曲がなかったら、もしかしたら税理士になってないかもしれません。

2016年に横浜スタジアムで生で聴いたときは半泣きでした(笑)

【きょうの1曲】

オー!リバル / ポルノグラフィティ

※ すごい好きなんです。オー!リバル。