マイペースはいいの。でも、逃げてない?受験生は肩書きじゃないのよ。という話

写真は、税理士登録のお祝いに前職のボスからいただいたCASIO S100♡

ポルノグラフィティ税理士の宮澤 佳奈(みやざわ かな)です☆

きょうはHalloween!!
9月から勉強をされている方は、中だるみしていませんか?
まさか、講義についていくのがしんどくて「諦めよう…」なんて考えてませんよね?!

今回は、以前にアップしたこの記事とは真反対のことを書いていきます。

関連記事
「マイペースでいいじゃない♫」という意味で「のほほん税理士」と名乗ってみています

「税理士受験生」の肩書きはすごい?

わたしも受験生時代、Twitterのプロフィール欄に「税理士受験生」と書いていました。
勤務していた一般企業でも、税理士試験の受験をしていることは公表していました。
ごくたまに、税理士受験生というだけで「すごい!」と言ってくださる方もいて、ちょっぴり鼻高々でいたこともあります。
ですが、「税理士受験生」の肩書き、本当にあなたにとって名誉なものなのでしょうか?
あなたが目指しているものはその先にあるのではありませんか…?

わたし自身が肩書きに溺れていた

以前の記事にも書いたとおり、わたしは税理士試験に合格するまでに12年かかっています。
2007年から2011年はまったく合格する気配すらない状態でした。
それは何故だと思いますか?
2007年は就職活動に勤しみ、2008年以降は就職して一般企業で働いていました。
「就職活動をしながら勉強するのは大変!でも、勉強を続けてるわたしってすごい♫」とか、
「仕事をしながら勉強するのは大変!でも、勉強を続けてるわたしってエライ☆」とか、くだらない言い訳をしていました。
そうやって周囲に同情してもらおうとしていたのかもしれません。
まさに「税理士受験生」という肩書きに溺れていました。

「マイペース」と「税理士試験に逃げている」は違う

マイペースは将来のVisionがあってこそ言えることです。
例えば、「将来税理士として○○をするために勉強をしているけど、××があるから2018年の試験はお休みする。最終的には2020年の本試験で官報合格をする!」という方はマイペースな方だと言えます。
ですが、過去のわたしのように逃げている状態の方は、
「今年の本試験もダメだったー!仕事も忙しいししょーがないよね(・ω<)てへぺろ☆」といったことを言うのではないでしょうか。
そして、逃げている状態の方は「まだ受験生ですから」発言が多くみられます。
恥ずかしながら、わたしもよく言っていました。
正直、誰もあなたが受験生かどうかなんてまったく気にしていません。

まとめ

わたし自身が税理士試験に逃げていた経験をもとに、少し厳しいことを書いてみました。
税理士試験に限らず、資格試験の受験が長引いている方、心当たりはありませんか?
難しい勉強をしているからエライのではありません。
あくまで資格は、あなたの人生を切り拓くツールのひとつなのです。
そのツールを手に入れたら、あなた自身のもっと楽しい未来を見ることができますよ!

【きょうの1曲】

オー!リバル / ポルノグラフィティ