理論暗記をしなくても合格できる!ミヤザワ流税理士試験理論術まとめ

ポルノグラフィティ税理士のミヤザワ カナ(@pg98jp)です☆

「税理士試験 理論暗記」などの検索ワードでお越しいただくことが多いので、関連記事をまとめました。

前もって言っておくと、理論暗記を選択した方がよっぽど楽です。
この方法では成果が出るまでに、最低でも半年はかかります。
初学の科目の場合は、大切な本試験が大博打になる可能性もあります。

要するにこの先は地獄です。
覚悟がある方だけ、読み進めていただけたら嬉しいです。

1月〜8月までの勉強の進め方

【前提条件】

2015年に所得税法に合格したときにやっていたことです。
2014年が初学、年内完結→上級コースを選択していました。
なお、2014年も2015年とほぼ同じように勉強をすすめ、理論に関しては合格答案を作成できています。

そんな前提条件が書いてあるただのドヤ記事

1.1月〜4月(上級コースの過ごし方)

2.5月〜7月(直前期/合格情報までの過ごし方)

(準備中)
基本的にはデイリー編と同じです。

3.7月〜8月(講義がない時期の過ごし方)

メンタルの保ち方

この方法でしんどさを感じるポイントがあるとすれば、上級演習や答案練習で上位に食い込めないことです。
わたしは合格年である2015年でさえ、上級演習や答案練習では、常に上位60%〜90%を彷徨っていました。
まぁ、答案練習の結果なんて関係ないから、「合格」のことだけ考えましょうぜって話がこちら。

おまけ

税理士試験が終わった直後って、ちょっとテンションがおかしくなりませんか?
「もっと勉強すればよかった!」とか無駄に後悔して、8月から勉強を始めたりとか。
くだらないことしてないで、「せっかくの超絶短い夏をENJOYしましょうよ」的なお話はこちら。

まとめ

結局、理論暗記を選択しようがしまいが、「コツコツやる」ことは変わりません。
ミヤザワの方法をエッセンスとして取り込んでいただいて、ご自身にあった勉強方法を確立していただけたら嬉しいです。

最後に、このまとめを読んだ税理士受験生が、ひとりでも多く合格できることを祈念します。

【きょうの1曲】

THE DAY / ポルノグラフィティ

※ 「その日が来たる」という意味で。受験生時代に支えになってくれた曲。

【ミヤザワカナのひとりごと】

なにかしらのまとめ記事を作ろうと思っていたので、ちょっと実験的に。
ミヤザワ流の勉強方法でご質問があれば、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせフォーム