宮澤 佳奈(ミヤザワ カナ)のサービスメニュー

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にポルノ税理士が降臨しただけ話(2018.3.31/カープ 6-2 ドラゴンズ)

ポルノグラフィティ税理士のミヤザワ カナ(@pg98jp)です☆

「広島の街は冬眠する説」を唱えようと思ったら、ただただズムスタに行っただけのお話になりました。

プロ野球が開幕して、あんなにも色鮮やかになる街もめずらしいなって思うのです。
ちょっとうらやましい。

広島の街は冬眠する?

わたしポルノ税理士が、初めて広島入りしたのは、2017年12月。
ポルノグラフィティの”BUTTERFLY EFFECT”ツアー広島公演2Daysに参戦するためでした。

このときの広島駅前はとても静かで、だけど不思議とあたたかい気持ちになったのをよく覚えています。

プロ野球シーズンではなかったので当然なのかもしれないけど、カープのユニフォームを着ている人といえばポルノファンばかり。
おみやげ屋さんもカープコーナーはちょっぴりさみしげでした。
(余談ですが、わたしも一岡竜司投手のサイン入りユニフォームを着て参戦しました♡)

広島の街が浮かれてる!

友人のカープ税理士の誘いを受けて、2018.3.31の開幕2戦目観戦のために広島駅に降り立つと、そこはまるで別の街のようでした。

新幹線のホームから改札口に向かうまで、改札口を出てから手荷物を預けに宿泊先へ向かう道すがら、宿泊先からズムスタに向かう道すがら…すべてがとても浮かれていたのです。

前日の開幕戦勝利もあいまって、カープファンのウキウキとソワソワが止まらないようでした。

普段からイヤフォンして音楽を聴きながら歩いているから、話声は聞こえないけれど、嬉しい気持ちがこちらまで伝わってきて幸せな気持ちになりました。
(この日、新幹線が30分ほど遅れてイライラしたのを忘れてしまうほど。笑)

念願のズムスタ降臨♡

カープロードから大きなスロープを登ってスタジアムに入ると、初夏のような日差しとグラウンドで練習するカープの選手たち、そして、既に多くの観客がプレイボールを待ち構えている観客席が広がっていました。

「色彩があるって、このスタジアムのことを言うんだなぁ…。。」と無駄に詩人モードになってしまうほど(笑)

綺麗なまでに青い空と、キラキラ輝く天然芝、そして、土のコントラスト、ここに差すならやっぱり赤色かなーなんて妙に納得してしまいました。

しかも、ラッキーセブンのジェット風船がまた青空に映えること映えること!
野球観戦に来ているはずが、ちょっと感動しちゃう展開でした。

試合は、序盤はヒヤヒヤしたものの終わってみれば快勝!
(え?一岡投手にもヒヤヒヤさせられたって?それは…わたしが来たからびっくりしちゃったんじゃないかな。一岡投手も。笑)

カープがみんなに愛されてるのを存分に感じて、選手たちは勝利で応えるという素敵な方程式。
また一段とカープと広島のことが好きになった1日でした♡

…まさかの試合の話を1行で終わらせる観戦レポ…たまにはあってもいいよね?!

【ミヤザワカナのひとりごと】

全然関係ないけど、ポルノさんのLIVEに初めて参戦したのは2001.3.31、カープ試合を初めて観戦したのは2018.3.31という事実に気付いてしまいました。
カープとも長い付き合いになる予感…?(今は見習いカープ女子。笑)

【きょうの1曲】

みんなのカープ / ポルノグラフィティ

※ メジャーデビューしてるバンドがリリースしてる、広島東洋カープの非公式応援ソングといえばこれ。