宮澤 佳奈(ミヤザワ カナ)のサービスメニュー

どんな想いも否定しない、石井ゆかりさんの「3年の星占い」が届いた♫

ポルノグラフィティ税理士の宮澤佳奈(みやざわ かな)です☆

e-Taxの「働き方改革」が進んでいることに驚いた3連休の中日。
ネットなのにお休みなのか。すっかり忘れていました。
好きなときに好きなように働けるフリーランスを選択しているわたしには、ちょっと合わないのかも…なんて思ってみたりして(笑)

星占いといえば、12星座ランキング?

朝の情報番組でよく流れる12星座の占いランキング。
昔から占いが大好きなわたしは、毎日欠かさずチェックしては、一喜一憂していました。
でも、朝から「きょうの山羊座は12位です!」なんて言われて嬉しい人なんていないですよね。
いつからか、何が1位で何が12位なのか、なんで他人に自分の運勢を決められないといけないのかと、疑問に思うようになりました。
そして、数年前からはまったくチェックしていません。
(たまに職場で話に挙がったりして、ついていけないこともありましたが、あまり気になりませんでした。)

どんな想いも否定しない、やさしい星占い

Twitterで出会った石井ゆかりさんの星占い。
(石井ゆかりさんのサイト:筋トレ
毎日、メルマガ・LINE・Twitterで占いを配信してくださっています。
彼女の言葉はいつも抽象的でやさしくて、まるで言葉のしゃぼん玉に包み込まれているようです。

同じ星座でもまったく同じ生き方の人はいないでしょう。
ですが、不思議とわたし自身人生にはピッタリと重なってくるのです。

つらいことが続いたときは、もうすぐ出口が見えるな…と思ったり、前向きでいられるときは「がんばれ」と背中を押されているように感じたり。
彼女の言葉にはいつも勇気づけられています。

「3年の星占い 2018 – 2020」が出版されました!

そんな彼女が、2018年-2020年の3年の星占いを出版しました。
(わたしが山羊座なので山羊座を表示していますが、すべての星座の本があります。)

昨日手元に届いて、貪るように読みました。
あくまでも抽象的でやさしい言葉なので、わたし自身の運命を決定づけられているようには感じません。
「ああなったらいいな、こうなったらいいな」と妄想を絡ませつつ、ゆっくりと2時間ほどで読み終えました。
2020年のわたしはどんなわたしでいるのでしょうか。
運命を切り拓くのは自分自身ですが、他者のやさしい言葉に委ねるのも時には悪くありません。

まとめ

12星座の占いランキングをこんなに深刻に受け止める人もいないと思いますが(笑)
星占いが好きな方もそうでない方も、石井ゆかりさんのやさしい言葉たちがピッタリ来るかもしれません。
どんな想いも否定しない、そんな人でありたいなぁと改めて思うのでした。

【きょうの1曲】

Fade away / ポルノグラフィティ