嫉妬する側ではなく、嫉妬される側になろうと思った話

ポルノグラフィティ税理士の宮澤佳奈(みやざわ かな)です☆

いい嫉妬をするのはとっても楽しい

わたしは素敵な人に出会うと「嫉妬しちゃう♡メラメラ♡」と言って、その方の嫉妬ポイントを説明します。
嫉妬ポイントは、わたしから見たその方の「いいところ」なので、話していてとても楽しいのです。

「いい嫉妬は成長を加速させる」というのは、わたしのモットーみたいなものです。
わたし自身は、その方になることはできないけれど、その方から学んで成長していくことはできます。

だからこそ、いい嫉妬をするのはとっても楽しいのです。

「キミはいつまでその場所にとどまるの?俺たちは先に行くよ」

“BUTTERFLY EFFECT” 広島公演2Daysとも参戦して、両日ともこんなメッセージをいただいたような気がしました。
特に2日目は、おふたりの表情まではっきりわかる席だったので、より強くこのメッセージを感じました。

もちろん、わたしがギターを持ってステージに上がることはありませんし、それを望んでいるわけではありません。
ですが、今のままではいられないのは気付いています。
今や、ギターを持ってステージに上がることだけが「影響力を持つ」ということではありません。

どんなフィールドからでも影響力を持つことはできるし、そのための手段は多岐にわたっています。

いつまでそうやって他人に嫉妬してるだけで喜んでいるつもりなの?
かなちゃんがそうしてる間に、俺たちはもっと先に行くよ。
早くこちら側へおいで。

スタートラインでわちゃわちゃしてるだけのわたしの手を引いてくれたのは、”BUTTERFLY EFFECT”でした。

イメージができることは実現できることである

妄想に近いイメージではなく、現実的で鮮明なまでにイメージできることは実現します。

「宮澤佳奈の信者を1,000人作る」「誰かのロールモデルになる」というのはわたしのWish Listの一部ですが、その状態は鮮明にイメージができています。
余談ですが、信者集会(もっとかっこいいネーミングにしたい…)の会場をどこにするか悩んでいます(笑)

信者を1,000人作るのも、誰かのロールモデルになるのも、「嫉妬される側」でなければできません。
そろそろ「嫉妬される覚悟」が必要になってきたみたいです。

まとめ

発信者は総じて「嫉妬される側」の人間のことをいいます。
対して、受信者は総じて「嫉妬する側」の人間のことをいいます。

あなたはどちらの人間ですか?
わたしは「嫉妬される側」の人間です。

【きょうの1曲】

キング&クイーン / ポルノグラフィティ

※ 広島に住む友人のMちゃんにプレゼントした曲♡最上級の応援歌です♡
CDをプレゼントしたのは何年ぶりじゃろうの(笑)

【宮澤佳奈のひとりごと】

広島からの帰りの新幹線。
真剣に東京と広島のデュアルライフを考えてしまいました。
(一度、因島に行ってから、どこを納税地にするか考えることにします♡笑)

そして、ポルノグラフィティの広島でのLIVEは必ず参戦しようと思います。