【『ブレス』感想】変化が求められる時代が息苦しくなった人に向けた、優しい息継ぎの話

ポルノグラフィティ税理士のミヤザワ カナ(@pg98jp)です☆

『ヒトリノ夜』みたいだな、って最初に思った『ブレス』。
実は、感想を書きたいのに書けずにいました。
そんな『ブレス』の感想、今なら書けそうな気がします。たぶん。

というわけで、きょうは『ブレス』という優しい曲の話です。

変化し続けないと生き残れない?

TwitterやfacebookなどのSNSのタイムラインはすぐに入れ替わり、バズっても1週間後には忘れられているようなこの世の中。
気になってフォローした人は「変われ!変われ!」「変化しないと生き残れない!」と煽りの文句。

「変化しないと生き残れない」のは確かにそうでしょう。
けれど、自分自身のすべてを変化させないと生き残れないのでしょうか。

「変化しないと生き残れない」のは、例えば自分の見せ方(魅せ方)ややり方などのテクニカルの部分です。
人によってはメンタリティも変えていく必要があるのかもしれませんが、自分自身のすべてを変化させないといけないわけではありません。

あなた自身の「根幹」は変化させる必要はありません。

未来は自分の手で掴み取るもの?それとも、ただそこにあるもの?

わたしは、「未来は自分の手で掴み取るもの」だと思って生きてきました。
税理士になったのも、そのための手段のひとつです。

だから、『ブレス』を聴いて衝撃を受けました。

未来はただそこにあって
君のこと待ってる
小難しい条件つけたりはしない
迎えにも来ないけど

言われてみればそうかもしれません。(晴一さんの意見には流されやすい。笑)
選択を続けた先に未来があるのだとしたら、確かに、未来はただそこにあるだけなのです。

「未来」がただそこにあるだけの存在だとしたら、焦ったり、急いだりする必要はありません。

早足でも、ゆっくりでも、「未来」はいつも待っててくれる

毎日が早足で過ぎていく、取り入れた情報が1か月後には古くなっている、息継ぎをする間もなくて疲れてしまいますね。

これは感覚的なものですが、変化は「しよう!」と思ってするものではありません。
勝手に変わります(笑)

「勝手に変わる」も言いすぎか。
内省と発信を繰り返すことで、「勝手に変わって」いきます。

だから、息継ぎできてないな、苦しいな、って思ったら、ペースを緩めてみてください。
思い切って、なにもしない空白の時間を作ってみてください。

「未来」はちゃんと待っていてくれます。
あなたがその「未来」を見つめ続けるのなら。

まとめ

『ブレス』は優しい曲だな、と聴くたびに思います。
実は『ヒトリノ夜』も優しい曲だな、と思っていて、ことある毎に聴いてきました。

「なにが良くて、なにが悪い」とかではなく、フラットな視点でいられる曲です。

「未来」がちゃんと待っていてくれるなら、安心して自分らしく進んでいけます。

【きょうの1曲】

ブレス / ポルノグラフィティ

※ 瀬戸内海を眺めながら、この曲を聴いて暮らしたい。因島で。

【ミヤザワカナのひとりごと】

金目の会で実験的に「経理もくもく会」をオンラインでやってみていました。
そして、この記事はその「経理もくもく会」中に書きました(笑)
ブログ更新も仕事のひとつです。